読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ一緒にいただけ

ポンコツ頭の備忘録。

優しいピエロ


拡輝くんが、いなくなっちゃった。



そうゆうことがありえる世界だって聞いてはいたけど。デビュー組でもジュニアでも、いなくなる人たちを横目で見てはきたけど。



プロフィールがなくなって、無駄に上手い編集で拡輝くんだけくり抜かれた集合写真を見て、涙がでて、ただ涙がでて、今だって涙がでて、だけど、あまり実感が湧かないのです。





いなくなる、ってどうゆうことだろう。

いなくなる、ってなんだろう。

いなくなる、って、えっと、もう会えないの??

いなくなる、って、えっと、えっと、どうしたらいいの???







‪残ったものは、

拡輝くんがくれた歌。拡輝くんがくれた場所 。楽しすぎた一度きりの春と夏と秋と冬。拡輝くんがくれたどきどきとわくわくときらきらと、嬉しいと楽しいと、拡輝くんがくれた沢山のすき。毎日毎日ひとつふたつじゅっこにじゅっこって沢山沢山くれた、すきとすきとすき。‬

‪全部が宝物で大切で。思い出すには寂しすぎて、心の中で抱えるには大き過ぎて幸せすぎる宝物。‬





顔がなんとなく好きで目が追うようになって、そしたら、どの写真も変顔してる人で、カッコつけない人で、いつも真ん中にいて、どうやら腰が重くて出不精で付き合いが悪いらしくて、あの手この手で誘われる人で、背伸びしないとこがいいなって、カッコいい自分に一生懸命じゃなくて自分のことは二の次でよくって、あれ、なんか、結構好きかも、って気になって気になって。あの夏、空気のこもったあの狭い狭い会場で、ひろちゃんからすれば当たり前にはじめましてなのに、探してたかのように、あ!見つけた!って、眉を上げて目を細めて指差してくれたあの瞬間、空気がシンとして時間が止まって、世界が真っ白になって、その優しい目に、あ、すっっっごい好きだ、って少しも動けなかった。それからはもうずっと拡輝くんのことしか見れなくて、見ればみるほど、知れば知るほど好きは増して、好きで好きで大好きで、もうひろちゃんしかいなかった。

いなかったと聞いた日は本当に心配して、その後いた時は本当に安心した。まだ本調子じゃなさそうで、でも笑ってた。土台で支える時、んぐぐって耐えてるのが隠しきれなくて、でもそれでも笑おうとするひろちゃんが大好きだった。いっぱい笑っててほしい、ずっと笑っててほしいって思った。
拡輝くんのダンスが圧倒的に大好きで、優しく置いてく手足が大好きで、拡輝くんの周りの空気がふわって動くのが大好きで、見ても見ても見足りなかった。もっともっと踊ってる所が見たいって何度も何度も思った。

夏の終わりの博品館劇場は特別で、演技してる拡輝くんを初めて見て、沸々積もる感情が表情だけで分かって、響く声が心地よくて、裸足ではけてくときのペタペタって足音がすごくすごく可愛くて、肌がまっっっしろな人だってこの時気付いた。斜め上を見て話すひろちゃんの上下にこくこく動く喉仏が大好きだった。この人、綺麗すぎるなって思った。どんどん共演者との絡みが増えていくのも、遊び心を加えたアドリブも、ダンス間違えちゃったときの真っ赤な耳も大好きで、花火を見上げるコータが大好きだった。




演技の話をする拡輝くんがきらきらしていて、どんなに忙しくても準備する時間が持てなくてもステージに立ってやりきることに自信をもっているとこがかっこよくて、そこにいるお客さんが前の人も後ろの人もみんな楽しめるにはみんなの心に届けるにはって考えてくれるとこが好きで、

無理に前に出ようとせずに後ろで1人で楽しそうにしてるとこが好きで、誰かに背中を押されなきゃ後ずさっちゃうとこも好きで、だけど頑張って前に出ようとしていたとこだって大好きで、9人でやってくために言いにくいこともきちんと向き合って話せる拡輝くんが好きで、遅刻する朝日のことを叱ってそれでいて朝日は孫みたい、そこにいるだけでいい、って甘やかす拡輝くんが厳しいのに優しくて愛しかなくて。みんなの反応を伺いながら不安そうに話すメンバーに、大丈夫だよってハグしたり真似して盛り上げたりよかったよ!って声かける拡輝くんが本当に大きくて、お風呂場でオアシスでみんなの心のよりどころで、何かあった時に頼るのは仲田拡輝って信頼されてるところが大好きで。




優しくふわって触れてくれる手が好きで、目が合うと眉毛を上げて君だよって拾い上げて撫でてくれるような目線が大好きで、



みんなが大好きな拡輝くんが大好きで、



本当、全部全部だいすきで、好きしかない。落っこちたあの日から毎日好きだった。どんどん好きになった。幸せで、これからもっともっと幸せにしてくれるって信じて疑わなかった。明日が楽しみで、来週が楽しみで、来月も楽しみで、来年ってどうなっちゃうんだろう!!ってずっとわくわくしてた。















辞めた、なんて信じられなくて、いなくなった、という表現しかできないのだけど、







‪いつから考えてたのかな。


‪メンバーはいつから知ってたのかな‬。


‪千秋楽、
いつもの通り、とつソロで踊るの楽しーね!って言うかのように楽しそうにひろちゃんに目線送ってた朝日、どんな気持ちだったかな。1幕最後リングから降りてひろちゃんにハグしたあらんくん、どんな気持ちだったかな。木星ダンス前ひろちゃんとグータッチしたみゅーとくん、どんな気持ちだったかな。挨拶前ひろちゃんの背中を両手でぽんってして、ただそれだけして離れたしめちゃん、どんな気持ちだったかな。抱きついてひっついてうざいくらいに付きまとってたうみちゃん、どんな気持ちだったかな。隣に来たひろちゃんを何も言わず迎えたしーくん、どんな気持ちだったかな。わざわざひろちゃんの隣に来て胸ぽんって叩いた宮近くん、どんな気持ちだったかな。最後の最後、目があって引かれるようにお互い近づいてぎゅって優しく力強くハグしたのえるくん、どんな気持ちだったかな。





ひろちゃん、ずっとずっとどんな気持ちだったかな。










そもそもアイドルでいることは、制限が多いし先は見えないし、大前提として我慢することや不安に思うこと沢山あるんだと思う。辛かったり悔しかったりすることも沢山あって、その度に踏ん張って踏ん張ってそこにいてくれてるんだろうなって、思う。だけど、笑顔で楽しそうにしてくれてたから。きっと拡輝くんにとってそこが幸せで、そこが目標で、そこに夢があるんだって、何の疑いもなくそう思ってた。


そうゆう拡輝くんに甘えて、ただ楽しくていつも大好きでずっと幸せで、でもそれは、もしかしたら拡輝くんが沢山沢山悩んで迷って、辛い思いして我慢して、そうやって犠牲を払ってそれでも明るい部分だけを見せて作り上げてくれた夢だったのかなって思ったら、


どうしようって思った。拡輝くんに幸せでいてほしくて、一緒に見たい景色があって、見たい表情があって、その日までついていく!少しでも微力でも支えるんだ!って思ったのは、拡輝くんの夢を叶えるためじゃなくて、自分の夢を叶えるためだった。本当、それならめっちゃ自分勝手だ、本当どこまでも押し付けがましい。ごめんね、本当ごめんね。






何も本当のことは分からないけど、いなくなることは決まっていて、全部決めてそこに何一つ変わらず笑って立ってくれていたのだとしたら、ひろちゃんは本当にすごい。本当にかっこいい。


優しすぎて強すぎて、ずるすぎる。‬









ごめんね、って思いながら、それでもなお、ひろちゃんが残していった言葉に嘘はないと思っていて、


すぐ嘘つく人だけど、すぐはぐらかす人だけど、ちゃんと向き合ってくれてた。だから全部楽しかった。ひとつもがっかりしたことなんてなくって、毎回これから楽しみって気持ちにさせてくれて、いつも最高の拡輝くんで、昨日より今日の方が好きで、今日より明日の方が絶対大好きで。





もう名前はないのに、全然まだまだそこにいるって思ってるから本当にばかだ!!(泣)今いないだけで、戻ってくるって全然思っちゃってるから本当に本当にばか!!!
ねえ、なんでいないの???なんで????だって、いなくなるわけないじゃん??????そうでしょ?????いなくなるわけない!!!だって、次は?来年は?もっともっとって、マジって、見せつけたいって、負けてられないって、これからだって、言ったじゃん!!!!!!忙しくて幸せって言ったじゃん!!!!!!って繰り返して、全然まだ懲りずにステージ上で笑う拡輝くんを思い浮かべるから、





まだまだ信じてなんかないけど、もし本当にひろちゃんが決めたのだとしたら、いつか、全力でひろちゃんが決めた道を応援できるようになりたいから、ひろちゃんが幸せでありますようにって思えるようになりたいから、言いたくないけど、きれいごと言ってみるよ




ひろちゃんが思ってるより、ひろちゃんに癒されて元気をもらって生きる力をもらってる人はきっと沢山沢山いるよ。毎日少しずつ一歩ずつ試行錯誤しながら前に進もうとするひろちゃんに私も何度も何度も頑張ろうって思わされたよ。ひろちゃんが思ってるより何倍、何十倍、何百倍もの人が、仲田拡輝が好きで、目が離せなくて、必要で、本当にすーーーーーーっごいすきなんだからね。そうやって虜にした人たちを置いていくからには、ひろちゃんはこれからの人生を一つも悔いのないように、楽しく、自由に生きてね。犠牲にしてきたこと、これからは自分のためだけに、全部やって、それでいてひろちゃんはひろちゃんの決めた道を前だけ見て進んでくんだよ。お願いね。アイドルの仲田拡輝をなかったことにしないでね。後悔なんてしないでね。ひろちゃんのなかで、アイドルだった仲田拡輝もどうか生きて活かせますように。‬‬


















………って言ってみたけど、何度も言うけど、多分いつまでも言うけど、もうずっとずっと言ってそうで怖いけど、まだ全然信じてないんだから!!!!!そんなのやだやだってまだまだだだこねてるから!!!!!さよならとかおつかれさまとかげんきでねとかそんなこと、まだまだ言うつもりないから!!!!!!!!!












ただ、これだけは。
ひろちゃんが迷った時、立ち止まった時、息抜きしたい時、笑いたい時、これからもひろちゃんが必要とする時にはいつだってどこだって、背中を押してくれる人や、ただ一緒にいて笑ってくれる人が、側にいてくれますように!‬これはいつも思ってるから心の底から大きな声で言えるよ!今までも、今も、これからも、いつもいつもありがとう!!!!!!



大好きだばかやろう!!!!!